お伊勢産今月の写真

令和2年度 伊勢YEG会長 島田祐希

会長所信

伊勢商工会議所青年部が設立され早33年。永きに渡りこの伊勢の地で商工発展の為に尽力され、熱い思いを注ぎ込み培われてきた経験を財産として我々に残して頂いた先輩諸兄姉に深い敬意を表すると共に感謝を申し上げたい。このような歴史ある組織の第26代会長を仰せつかることに身の引き締まる思いであります。

近年の時代の変化には目を見張るものがあります。消費者ニーズ、技術力、社会情勢など少し前のものが古くなっているという状況です。このようなスピード感が速い時代に私達は何を大切に経済活動に取り組んでいかないといけないのでしょうか。

経済指標では、上向いているとも言われている日本経済。しかし、まだまだ展望は開けず、不透明で現場にはその実感がないという状況であります。「現状を打破したい」と考え、「何をどうしたらよいのか?」と悩んでいる企業、経営者が多く見受けられます。

私はこのような時代だからこそ、人としての振る舞い、人としての評判を上げることで、周囲との良い関係を築くことが大切な時代だと考えます。これらは誇大広告や小手先だけのテクニックでは実現することはできません。誠実な想いで事業に取り組み、行動することで実現できると考えます。

そこで、今年度は知識・人間力・倫理観をバランスよく持ち、時代に合わせビジネスを動かしていくことができる経済人になれるように皆で研鑽を積みたいと思います。その中でお互いを高めあう仲間づくりをしていければと思います。そして、今の自分の環境を作ってくれている方達への感謝の気持ちを大切に心通う交流を目指します。

スローガンにある「Breakthrough」は今年度の活動を通してメンバーが気付きを得て、今の自分を超越し進化を遂げることであります。メンバーが一致団結しワンチームとして目的意識を共有し、自ら率先して歩を進める活動をしていく。このような高いレベルでメンバーが活動する事で、不意の事態にも対応できるしなやかで美しい組織を構築することが出来ると考えます。

また、今年度は伊勢から始まった三重県連大会が12年ぶりに伊勢の地で開催される年です。先輩諸兄姉が想いを持ち、立ち上げたこの事業がこの地で再び開催されることに対し感謝の気持ちを持って事業に取り組みたいです。そして研鑽と交流を通じて三重県連の絆がより一層強くなる伊勢大会にしたいと考えます。

本年度の活動に皆で力を合わせ邁進し、一人ひとりが成長することで自社の発展はもとより活力ある地域と日本の経済社会の実現に向け果敢に挑戦していきましょう。

会長  島田 祐希
エンジェルタッチ