お伊勢産今月の写真

第4回伊勢っ子サミット 伊勢っ子サミットにおけるウィルス等衛生対策について
2019年度(平成31年度)伊勢YEG会長 中村良

会長所信

先輩諸兄が歴史を積み重ね、思いを繋げてきた伊勢商工会議所青年部は、今年度で33年目を迎えます。また今上天皇が生前退位され、新天皇の即位によって新しい元号に切り替わる年度でもあり、時代が大きく動く歴史的な1年になることでしょう。このタイミングに第二十五代会長という大役を仰せつかることは、とても光栄であると同時に身の引き締まる思いであります。

私は伊勢YEGに入会してからこれまで、自身を成長させる機会を多々頂いて参りました。チームビルディングを経験した際は、グループとチームの違い、そしてその必要性・重要性を学びました。伊勢YEG設立30周年の際には、実行委員長を仰せつかり「次世代へ繋げ、思いをひとつに」を1つのテーマとして努めさせて頂きました。チーム力が高い組織とは、メンバー1人ひとりが主体的に考えて自ら答えを出し、それを情報共有することで、ひとつの目標に迷うことなく進んでいける組織と考えます。

今年度は『Team up YEG ~思いをひとつに~』をスローガンに掲げ、伊勢YEGが単なる集まりである集団すなわちグループではなく、皆がひとつの目標に対して同じ方向に向かい、全体がひとつのチームとして機能する団結した組織づくりに尽力します。

その手段として、伊勢YEG30周年記念事業として始まった全体事業「伊勢っ子サミット」を通して、未来を担う子ども達に我々は何ができるのか、何を伝えなければならないのかを再度見直し、次世代の礎となることが我々の地域貢献と捉え、より一層一丸となって取り組める仕組みを構築し、伊勢っ子サミットの強大化を図ります。

また、互いに研鑽を重ねるかけがえのない仲間を、皆に全国に沢山作ってもらい、外からの視点でも自組織を見つめ直せるよう、他単会との交流を積極的に行っていきます。

2020年度には三重県連大会が伊勢の地で開催されます。連綿と紡がれた伊勢YEGの組織力を、チームとしての団結によって更に昇華し、次代へ繋ぐ懸け橋をより盤石で強固なものとする所存です。

会長  中村 良
エンジェルタッチ